スキャン解像度はどれくらいがベストなのか?

 スキャン解像度はどれくらいが妥当なのでしょうか。

 スキャン解像度はどれくらいが妥当なのでしょうか。

 

 アマチュアカメラマンで画質にそこそここだわりのある方で、2400dpiが最低ラインのようです。

 

 パソコンやスマホを使ってウェブ、ブログなどで見る場合なら、1200dpiで十分です。

実際に使用する場合は元データをさらにウェブ用に縮小して使います。

 

 超高解像度が必要な場合はどんな用途なのでしょうか?

 

 それは、印刷する場合です。印刷する場合はA4サイズにする場合は2400dpiは最低必要です。それ以上ですと、さらに綺麗に仕上がります。以下ですと画像は少し精細さをそこないます。

 

 

 一方、作品として展示、大伸ばしプリントをする場合は、3600dpi以上をオススメします。ファイルサイズは約12MB。

 その一番の理由は、フィルムのネガやポジで写真作品を残している場合、その画像品質が最高の状態です。それをスキャンしてデジタル化すると、色や階調は劣化せざるを得ません。ゆえに、スキャンする解像度は高ければ高いほど原版の画質を残すことが出来るのです。

 

 

 

 さらに、7200dpiならJPEGで約40MBまで対応します。大画面で高精細なモニタ、たとえば4Kモニタなどでいるのであれば、このサイズでデジタル化するべきです。

 パソコン画面などで小さくして見る場合は、縮小して複製することで対応します。

 

 

 

 

 

スキャン解像度と画像サイズと用途

用途別の画像ファイルサイズ(画像の長辺サイズ)

 

  1. 500ピクセルから1600ピクセル以下 スマートフォン、20インチ以下のモニタ
  2. 1600ピクセルから3000ピクセル パソコン・プリンタでの印刷
  3. 3000ピクセル以上5000ピクセルまで 書籍印刷、フォトブック印刷
  4. 5000ピクセル以上 フィルムネガ・ポジの原版保存のためのデジタル化

※ピクセルとはモニタの光の粒一つのことです。

※モニタでは72dpi、印刷では300dpiの密度が必要です。

 

フィルムスキャン解像度は、以下の用途です。

 

  1. 1200dpiは、スマートフォンやパソコンモニタ
  2. 2400dpiは、A4サイズまでの書籍印刷、フォトブック印刷
  3. 3600dpiは、フィルムネガ・ポジ原版のデジタル化

 

※3600dpiだと、一眼レフカメラのJPEG最高画質と同じくらいの画像サイズです。

※7200dpiの場合は、4Kモニタ、レチナディスプレイなどの超高精細モニタでの仕様を想定した原版データとしてデジタル化する場合を想定しています。

 

※非圧縮のTiff画像はご相談ください。後加工での劣化を最小化するにはふさわしい非圧縮画像フォーマットです。ファイルサイズはJPEGの数倍になります。

 

 

 

 

 

12345