フィルム写真のデジタル化サービス

 

※詳しいご要望をお聞きしますので、まず、お問い合わせ(クリック)ください。

※A4サイズまでプリントされた写真のスキャンが可能です。 

※35mmフィルムのみの対応です。

※4x5,8x10などは一括50枚以上であれば、対応可能です。ご相談ください。

 

35mmフィルム写真のネガ・ポジ デジタル化サービス

大切な写真作品のポジって、大丈夫でしょうか?

 

フィルムは10年経つとカビが生えます。 

 

 

フィルムスキャンすれば、永久に保存できます。 

 

デジタル画像なら、思い出も色あせません。 

 

 

 

ネガフィルムを3600dpiスキャン、色補正あり
ネガフィルムを3600dpiスキャン、色補正あり

家族の思い出写真から、アマチュア写真家の写真作品まで「高画質専門」

 

大切な写真のフィルムのネガ(ポジ)を超高解像度でデジタル画像に変換します。

 

 

 

 

 → 料金表はこちら

 
★ お問い合わせメールアドレス

フィルムスキャンしてDVD記録して保存しておくと

 簡単な記念撮影や旅行写真から、

アマチュアカメラマン、プロカメラマンの写真作品までに対応しています。 

 

 

大切な写真を保存する

  1. 永久に色あせないデジタル画像にする。
  2. 消失・カビ・色劣化などから画像を保護できる。
  3. 複数のコピーデータで消失から守る

 

見て楽しむ

  1. パソコンでいつでも見られて便利。
  2. 自分でプリントして大判に引き伸ばせる。
  3. ブログやフェイスブックに載せられる。
  4. デジタル・フォトフレームで見られる。
  5. ブログやホームページに写真ギャラリーを作れる。

 

デジタル加工で楽しむ

  1. 明るさ調整が自由自在。
  2. パソコンで色補正ができる。
  3. トリミング加工ができる

 

【豆知識】

 

  1. 35mmフィルムの場合、2万円以下のスキャナでは印刷プリントする画質は無理。(TVモニタ用ならOK)。フォトワークスはプロ仕様、超高解像度スキャナーを使います。
  2. 1年以上たったネガは結構汚れています。スキャン作業では基本的にクリーニングしませんので、あらかじめ汚れ、ゴミは除去しておいてください。
  3. 10年以上たったフィルムは色変化しています。フォトワークスでは、スキャン後に色調整が可能です。
  4. 高解像度の画像から低解像度の画像はつくれます。安い低解像度スキャンの画像はそれ以上の画像にはできません。
  5. お客様のモニタの色管理(正しい色調整と明るさ調整)をしてないと、お客様による正確な色確認はできません。フォトワークスは、色管理した写真専用EIZOモニタで確認し、高度なデジタル現像により自然で正確な色合せが可能です。
  6. iPhone、iPadで見ると、青みがかったり、オレンジっぽくなります。
  7. WindowsノードPCの液晶は、青みがかっています。色管理は甘いです。macは黄色っぽい色味になります。3種類ぐらいのモニタで確認したほうが良いです。
  8. 1枚スキャンするのに結構時間がかかります。何回もやり直し、フィルム設定など工夫します。最低でも15分、長い場合は1時間以上の作業です。
  9. フィルムからデジタル化する段階で、色はズレます。それを一番自然な色に調整します。(基本)
  10. スキャンした画像はそのままでは、普通に見えます。でも、「デジタル現像」処理によりカリッと、くっきりさせることができます。(別料金)
  11. フィルムのダイナミックレンジをデジタル化するたにめ、2回露光によるスキャンを使います。
  12. 人間の肌の色は、健康的な色、美白効果も可能です(別料金)

【オススメのスキャンメニューは?】

  1. 旅行写真や記録写真などLサイズ程度で使用するなら、1200dpiで十分高画質です。A4サイズぐらいまで大伸ばしするなら、2400dpiの方がオススメです。
  2. 一眼レフカメラで展示用写真作品を作りたい方なら、2400dpiならA4サイズでプリントできます。しかし、より高画質な3600dpiならより綺麗にプリントでき大伸ばしもできます。
  3. 4Kモニタで見る場合、あとでCG加工やレタッチ仕上げをする場合、超最高画質なら色仕上げやコントラスト仕上げの現像加工による劣化は少ないです。大切な画像保管のためなら、7200dpiは価値があります。

【プリントした写真をスキャンするのとどう違うの?】

  1. 紙にプリントした写真を、スキャナーでデジタル画像化する場合の画質はフィルムスキャンよりも、低い解像度になります。
  2. 家庭用のスキャナーでプリント写真スキャンする場合は最高画質でも1200dpi相当の解像度でしかスキャンできません。
  3. ネガの写真プリントの場合、プリントの画質・色はオリジナルではありません。しかし、お気に入りのプリントの発色があれば、それを色見本としてスキャンした画像色を調整できます。(オプション料金)

【中判カメラのフィルムをスキャンしたい】

  1. 中判カメラのデジタルデータ化には、使用機材やスキャン処理工数の課題があり、現在、対応しておりません。ご要望がありましたら、検討します。
  2. 料金は、1枚あたり35mmフィルムの場合の3~5倍です。都度、お見積りします。50枚以上数量がまとまれば、対応は検討しますのでご相談ください。
  3. 超高画質の場合、面積が大きくなるためファイルサイズが巨大になります。TIFFの場合は、更に5倍程度となります。 参考)JPEGの場合30~60MB、TIFFの場合100~500MB。画像を開いて処理するには、手持ちのPCは超高性能である必要があります。
  4. スキャンしたデータは、そのまま通常のプリンタで印刷しても、ポジ、ネガのプリントと同等の発色仕上がりになることはありません。
     デジタルスキャンした状態は、基本的にフィルムの色情報を可能な限り忠実にデジタルデータ化していますが、お客様がプリントのための色調整、コントラスト調整など、デジタルプリントするための環境と技術が必要です。 
    ※フォトワークスが提供する「フォトブック」にする場合には、問題ないと思います。
    ※35mmフィルムのA4サイズ程度でプリントする分には、問題ないと思います。
  5. 全紙で作品に仕上げたい場合は、スキャンした画像データを、写真プリントラボに持込み、色見本を提示するか、色やコントラスト指示を行いプリントを仕上げることが必要です。
    ※フィルムプリントの場合は、プリント技術が確率していますが、デジタルできちんと対応できるプリントラボは多くありません。
    ※これは、デジタルカメラの場合と同じです。

スキャンした画像の仕上がり(実際のサンプル)

3600dpiスキャン 調整なし(縮小版)
3600dpiスキャン 調整なし(縮小版)

※ネガをスキャンしたままの状態のJPEG画像です。通常は、ここから色補正・明るさ補正をして「色調整あり」の状態にします。

※必要があれば、コントラストやノイズ、色などはお客様で微調整をお願いします。(色補正等は別料金)

 

 

仕上がり確認 調整なしのスキャン画像(縮小版)

3600dpiスキャン 調整なし(縮小版) ※幹の部分が明るすぎ
3600dpiスキャン 調整なし(縮小版) ※幹の部分が明るすぎ
スキャンのみの調整なし 3600dpi
スキャンして納品するデジタル画像のデータそのものです。等倍に拡大するなど、ご確認ください。
pw_before-.jpg
JPEGファイル 2.2 MB

 実際にサンプルのフィルム写真ネガをフォトワークスでスキャンした画像です。

 (世界遺産の屋久島の屋久杉の写真です)

 

  • ホワイトバランス調整済み
  • 高解像度3600dpi
  • ファイルサイズ 約12MB

 

 もともとのスキャン画像は、露出オーバー目(明る目)で、特に樹の幹の部分が明るく過ぎて色が薄くなっています。

 

※画像は、1600x1088サイズ、2MBに縮小しています。

画像をクリックすると、1600x1088サイズでご覧いただけます。

縮小加工前の3600dpiスキャン画像は4992x3396サイズ、12MBです。

 

色補正した画像はこちら

 

3600dpiスキャン 色調整なし(縮小版)
3600dpiスキャン 色調整なし(縮小版)
3600dpiスキャン 色調整あり
3600dpiスキャン 色調整あり

画質について

 

  • 通常のカメラ店の低解像度のデジタルデータ化とはちがい、デジタル一眼レフの最高画質JPEG写真に近い画素数、データサイズです。通常は2000万画素の一眼レフカメラで20MBから40MB。
  • 7200x7200dpiはプロ写真仕様のデータ画素数です。大きく引き伸ばして印画紙にプリントする用途に使用できます。一枚のスキャン作業に10分以上かかります。

 

 

スキャン解像度と用途のちがい

フィルムスキャン解像度は、以下の用途です。

 

  1. 1200dpiは、スマートフォンやパソコンモニタ
  2. 2400dpiは、A4サイズまでの書籍印刷、フォトブック印刷
  3. 3600dpiは、フィルムネガ・ポジ原版のデジタル化

 

※3600dpiだと、一眼レフカメラのJPEG最高画質と同じくらいの画像サイズです。

※7200dpiの場合は、4Kモニタ、レチナディスプレイなどの超高精細モニタでの仕様を想定した原版データとしてデジタル化する場合を想定しています。

 

 

レタッチ現像サービス(別料金)

3600dpiスキャン 調整あり(縮小版)
3600dpiスキャン 調整あり(縮小版)
デジタル現像の調整後 3600dpi
pw_after-.jpg
JPEGファイル 2.3 MB

 デジタル画像化することにより、忠実な露出、色味で画像データを加工が可能になります。

 「デジタル現像による調整」を依頼していたけば、上の写真「調整あり」の状態にまで仕上げます。

 

  • 画像全体がくっきりしている。
  • 拡大した時に目立つノイズが減った。
  • 樹の幹の表面の模様が見える。
  • 空の青さが濃くなっている。
  • 葉の緑色が活き活きとしている。

 

作業内容の一部詳細

  • 露出(明るさ)を補正
  • ホワイトバランス、色を補正
  • くっきりさせるシャープ加工
  • 拡大時に見えるノイズ削減
  • その他

 

※ 「デジタル現像仕上げ」は有料サービスです。

初回の納品画像の確認後にお申込みください(料金表

 

 

 

オプション料金のサービス

★☆オプション料金

 

デジタル写真ならではのレタッチ加工

ご要望をお聞きして、お見積りします。

 

  • ネガの傷、ゴミなどの画像処理によるクリーニング
  • センサーダストの掃除
  • ホワイトバランス調整
  • トリミング加工
  • 色加工
  • ウェブなど用途に合わせてサイズ縮小加工 800x800pixelなど。

 

※色変更のレタッチ指示はLサイズプリントした色見本指示が必要です。色見本に合わせます。

色見本に弊社モニタできっちり合わせたデジタル画像を、お客様の色管理できないプリンタで印刷しても、色はズレます。色管理調整してください。あくまで、デジタル画像の弊社モニタでの基準(納品時の白色点6500)です。

 

お申し込み・お問い合わせはこちらから。

 

お申込からお届けまでの流れ

  1. ウェブ(またはメール)でお申し込み。
  2. ネガ・ポジフィルムを送る。
  3. 見積もりをメールで受け取り、代金を振り込む。
  4. 約10日でDVDに記録した画像データとネガフィルムが宅急便でとどく。

 

 詳しい手順はこちら

 

 

12345